就労中には、可能ならば、会社内の人にバレないように(…

就労中には、状況が許す限り、周りの人間にバレないよ…

就労中はなるべく気づかれないように、(自身の例ですが)雇用期間中に転身したいという意思表示のみを活動初期に周りの人間に仄めかしたことがあります。でも、その後に求人情報を必死に色々と探してみたのですが、結局就職するタイミングさえも無鉄砲に決まらずズルズル時間だけが経過してしまいました。挙句の果てにはその傍ら、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、本末転倒な状況になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たあと、次の就職先を探すハメになりました。

転職の間は、つい時間があるため、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。

再就職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、だれた生活になってしまいます。でも、そんな過ごし方を常習化させるのは危険です。それは、緊張感のない、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも問題が出てくるからです。だんだんと、仕事をしようとする意欲が湧かず、お金が回らなくなって苦しくなり困ってしまいます。このように、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の職場が決められません。再就職先を決められなくなるのは、お金を第一に考えるためです。給料を一番に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラけるような生活はしないように気を引き締めましょう。

失業したときに給付される失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが…

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業しているあいだが給付条件となりますが、永久にもらえるわけではありません。離職時までに働いていた期間に応じて違い、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、このような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限りもらえると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦って職探しを始めてもろくな結果とならない可能性が高いです。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった内容は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。ときには、面接担当者から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。しどろもどろになるとまず受からないでしょう。

安定した暮らしを手に入れるために正規社員として働こうと思っている人・・

安定した生活を願い正規社員として働くことを念頭に置いている人が少なくない、というのが現状です。しかし、相当な努力をしていても、中々正社員として雇い入れてもらうことがうまくいかないケースも少なくないはずです。派遣社員の求人はかなりあるのに正規雇用の求人以外には目も通さず悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。万一あなたが転職希望先が正社員を必要としていないのなら、準社員の募集も見てみましょう。会社の一部は、働きぶりによって数年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップができる可能性もあるからです。面接を受けた時に、正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかを聞いておくようにすれば将来設計にも役立ちます。

転職というものについて考えた場合、転職先での給料を気にしすぎる・・

転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場における給料について気にしすぎる人が案外多く見受けられます。とうぜんたいていの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を手に入れるために精を出しているのだとは思います。したがって年収は自分の社会的な価値を知る値という側面もありますから、とうぜん大切なものであることは当然ではあります。しかし、必要である以上にもらっている年収額ばかりをとらわれすぎてしまうのも人生を損してしまう気がします。よく見れば収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的に満たされる可能性が多々あるからです。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました